Contact us:EmailEmail

Digi IX15 IoT ゲートウェイ/セルラールータNew

プログラム可能なIoTゲートウェイは、Digi XBee対応デバイスを
セルラーおよびイーサネット経由でリモートアプリケーションに接続します。

  • Digi IX15 with Digi Remote Manager
  • Digi IX15
  • Digi IX15 - front
  • Digi IX15 - back
  • Digi IX15 - left
  • Digi IX15 - right
  • Digi IX15 - DIN rail
  • Digi IX15 - DIN rail
  • Digi IX15 application example
  • Digi XBee® (Zigbee®, DigiMesh®, 802.15.4)、Bluetooth® 5.0、RS-232/485でローカルデバイスと接続可能
  • カスタムアプリケーション開発を実現するオープンソースのPython環境
  • LTE Cat4セルラーおよび10/100イーサネットWANコネクティビティ
  • 簡単なセットアップ、大量のコンフィグレーション/ファームウェアのアップデート、リモートデバイスマネジメント、帯域外管理を可能にするDigi Remote Manager®プラットフォーム
  • フル機能のインダストリアルセルラールーティングプラットフォーム
  • デュアルSIMとDigi SureLink®による冗長化コネクティビティ
  • デバイスセキュリティ、デバイスID、データプライバシーを実現する内蔵のDigi TrustFence®
見積依頼  
   

関連資料

汎用性の高い「Digi IX15」デバイスは、ゲートウェイとルーターの両方の機能を備えており、ネットワーク運用のためのチップダウンのDIY設計に代わる低コストで迅速な市場投入を求めるカスタマに適しています。Digi IX15は、Digi XBee®モジュールをセルラーまたはイーサネット経由でクラウドアプリケーションに接続するインダストリアルグレードのIoTゲートウェイであり、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、受賞歴のあるツールで構成されるDigi XBeeエコシステムに、インターネット接続への最も簡単なパスを提供します。

Digi IX15は、Class 1 Division 2の認証を取得し、頑丈な筐体を備えているため、石油やガス、上下水道、太陽光発電、農業、その他のインダストリアル向けアプリケーションで見られる厳しい環境に最適です。コストと市場投入までの時間を短縮するために、セキュアな共通のプラットフォームを必要としている開発者にとって、Digi IX15はリスクを低減し、プロジェクトの効率化を推進します。

Digi IX15 IoTゲートウェイには、シンプルなオープンソースのPython開発環境が含まれており、XBeeネットワークとクラウドベースのアプリケーション間の最適で復元力のあるコネクティビティを提供しながら、カスタムアプリケーションがローカルでエッジコンピューティングを実行することができます。

Digi Remote Manager® (Digi RM)は、配備されたデバイスに対する重要な洞察を得て、ネットワークを管理できるコマンドセンターです。Digi RMはクラウドベースのソリューションで、数十台あるいは数千台のデバイスを配備する場合でも、容易なセットアップ、一括コンフィグレーション、メンテナンス、ネットワークの健全性の可視化を促進します。

プライマリネットワーク接続が中断された場合、Digi RMは、シリアルポートとコマンドラインインタフェースを介してエッジデバイスの帯域外管理のためのセキュアな端末アクセスを提供します。


 

 

Connect with Confidence
個人情報の保護に関する当社の方針について
Copyright 2001 - Digi International K.K. All rights reserved.
twitterfacebookfacebookお問い合わせ